生活環境を重点にアトピー予防を志す

アトピーをどのようにして治すか、それを考えることは凄く大切なことだと言えます。

ただ、1番いいのはアトピーの症状が出ないようにすることですから、どのようにして予防するかも同じぐらい大事なのです。

残念ながら、アトピーの原因はハッキリと分かっていないことから、どのような対策をしても症状が出てしまうことはあります。
ただ、やはり予防をするのとしないのとでは、発症率も全く違ってくるでしょうから、十分な対策を講じるようにしましょう。

アトピーになりやすい要因として、生活環境が挙げられるのです。
例えば、家が清潔な状態であれば、それだけでもアトピーのリスクは低くなると言われているのです。

ですから、頻繁に部屋を掃除して、常に清潔な状態を保つようにしましょう。
特に、埃などはアレルギーの原因ともなりやすいので、しっかりと拭き取るようにしましょう。

次に、食べ物にも気を遣うようにしましょう。
できるだけ無添加の物を使用して、栄養バランスの良い食事を取るようにしましょう。

そして、普段使用している洗剤や石鹸やシャンプーなども、肌に優しい物を使用して、肌への刺激を抑えるようにしましょう。
どうしても化学物質というのは、アトピーだけでなくいろんなアレルギーの要因となりやすいのです。

あとは、免疫をつけることも大事ですから、疲労を溜めないように休息もしっかりと取り、適度に運動したり汗をかいたりするようにしましょう。
スポーツをやり始めてからアトピーが改善されるケースも多いため、趣味で何かに取り組んでみてもいいでしょう。

普段の生活を変えることが、アトピーの予防にも繋がるのです。

食べるものからお部屋の空気までお肌にやさしい暮らし方

日常生活のちょっとした工夫で、生き生きしたハリのある肌を手に入れることができます。居住環境からライフスタイルまで。あなたの暮らし、洗い直してみましょう。

生活改善は食事から始まる

ビタミンは、「肌を美しく保つ栄養素」の代名詞のようなもの。普段からしっかりと摂りましょう。豊富に含まれている緑黄力野菜や卵類、牛乳を、毎日のメニューに取り入れて。また、くるみやアーモンドをサラダやホットミルクなどに細かく砕いて乗せれば、おしゃれな一品になります。

ハリのある肌に必要なのは、ビタミンCや鉄分。カツオやひじきなどの海産物、柑橘類の果物がお勧めです。その他、お医者さんもおススメする食材は、豆乳、ヨーグルト、やまいも、ブルーベリー、パセリなど。よさそうな食材をリストアップし、その中から自分好みのオリジナルメニュー作りを楽しんだら、日々の食卓が豊かになりそうです。

良質な睡眠はあなたの皮膚をベストコンディションへと導く

わたしたちの細胞は、寝ている間に生まれ変わる、と言われています。成長ホルモンが分泌される夜10時~深夜2時は、お肌が生まれ変わるゴールデンタイム。その時間帯にはぐっすり眠りにつけるよう、生活リズムを整えたいものです。

深い心地よい睡眠をとるためには、寝る直前にテレビやパソコンは見ないほうがいいでしょう。リラックスするために、静かな音楽をかけ、部屋の灯りを暗めに落とし、活動モードだった神経をクールダウンさせる。お香やアロマの香りも効果的です。

牛乳やゼラチンには、寝つきを良くする成分が含まれています。寝る前のホットミルク、ババロアやゼリーなどの軽いスイーツは、気持ちも和み、豊かなお休みタイムを演出してくれるはず。牛乳をそのまま飲むのが苦手な人は、カボチャ、栗ペースト、ココア、きな粉などを入れて、オリジナルの「○○オレ」を色々楽しんでみて。夜の時間が楽しみになってきます。

保湿は外側と内側の両方からアプローチ

アトピーの人などにも欠かせない大切なスキンケアの一つが保湿。乾燥する寒い時期などには、特に気を配りたいもの。保湿には、外側の潤いを保つ方法と内側から水分を補給する方法があります。

内側からのアプローチ

保湿よい栄養素を含んだ食べ物を多くとること。動物の軟骨やフカヒレなどには、保湿を助けるヒアルロン酸が多く含まれています。寝る前と朝起きたときに、一杯のミネラルウォーターを飲むと水分摂取がしっかりできます。

外側からのアプローチ

オイルや保湿力の優れた化粧水をつけることと、室内の湿度をあげることです。

・保湿クリームや化粧水は、いま市販のものでもたくさんでています。いろいろ調べ、試しながら自分に合った製品を見つけてみましょう。ホホバオイルなどのベースオイルを使い、自分でマッサージオイルを作ってみるのもいいでしょう。

・部屋の湿度を保つには、加湿器が便利です。もっと手軽に済ませたい人は、蓋をしない鍋にお湯をわかしておくだけでも充分です。

定期的にエステに通わなくても、きれいな肌を保つ方法は、毎日の生活の中にあります。楽しみながら、自分にあったスタイルを取り入れてみては。

サブコンテンツ

このページの先頭へ